語学を知るにはその国の事を

語学を勉強する際にはその国を予め知ると習得の理解度が早まったり、偏見なく頭に入る事も多いです。言葉はその国が発展してきた文化そのものでもあり、歴史でもあります。日本語は漢字とひらがな、カタカナの文字が使われますが、そのルーツをたどると昔に中国と親交があってために由来したという事が解ります。昔から近隣と親交があった日本は語学の発展に近親の親交が関わっていたと理解できます。 その他に儒教の強い所だと目上の人を敬う言葉が多く存在します。人によって同じ名詞でも呼び方が変わったりと昔からの風習から他の地域にはない言葉も存在します。予め儒教の強い地域だと認識していれば語学を学ぶ際になぜ一つの名詞に複数の呼び方があるのか納得が出来るし、実際にそこで話す際にも役に立つ事が可能です。 このように語学を知るにはその言葉を話す地域の環境や歴史を知っておくだけでも相手に偏見を持たないというメリットもあり、理解度はぐんと進みます。