その空間だけは異国という場

キャリアの選択肢を広げたり、社内の昇進試験に合格したり、海外旅行を充実したものとしたり、あらゆる目的で英語を身につける必要が有ったり、英語を身につけたいと思ったりする機会はあります。そうした英語のニーズは、以前からも高く、また昨今は小学校から英語の授業が始まるなど、英語を身につけるために国を挙げて取り組んでいる流れもあって、より英語の必要性は高まっています。 しかし、いざ英語の勉強をしようとしても、自宅で一人でコツコツ学習を進めていくというのは、想像以上に大変なことです。頭では毎日積み重ねていく大切さは分かっていても、一人きりの空間で、勉強をし続けるというのは、かなりの根気を必要とします。 そこで思い切って留学してはどうかということが思い浮かびます。確かに英語の習得には、実際にそれが話されている異国に身を置いて、ひたすら英語のシャワーを浴びるというのが近道です。ですが、今度は資金面や渡航期間の長さ、安全面などが気にかかります。いきなり異国で生活して大丈夫なのかどうかも、自信があまり持てないというケースも多いかと思います。 そのような方には、まるで海外にいるかのような空間を提供してくれるプログラムが良いのではないでしょうか。これは日本にいながら留学体験をするというもので、合宿型の短期集中型や、オンライン学習型、そしてそれらの組合せといったバリエーションが用意されています。特に合宿研修を行う際には、英語だけで生活することを求められることになり、授業はもちろんのこと、日々の生活で想定されるあらゆる場面で英語を話す機会が与えられます。そうした空間に、志を同じくする仲間と集まり、ネイティブスピーカーとのコミュニケーションをどんどん図っていけば、異国で不安を抱えながら生活することに比べはるかに安全で安心な英語学習空間を持つことができるのです。 この学習するための「空間」大変重要で、しっかりと内容の濃い学習をするためには、まずこうした場を確保することがカギとなります。国内にいながら、海外で学習するのと同じ空間を提供してくれる「留学体験」を是非英語学習に意欲的な皆さまにお勧めします。