外へ出れば母国に帰れる

最近、海外への留学と比較してハードルが低い、国内留学が注目を集めています。国内留学の場合には、渡航費がかかりませんし、現地の宿泊先や学校を手配したり、パスポートを作成する手間もありません。トータルの出費を大きく抑えることができるのが魅力です。また、国内留学の場合は、外に出ることですぐに母国に帰ることができる安心感もあります。特に、急な病気などのときには、国内にいる方が費用面でも精神面でも心強いものです。国内留学を行っている会社として、例えば、「ランゲッジ・ヴィレッジ」があります。富士山麓の施設内が日本語禁止のエリアとなっており、外国人と授業や休憩、食事を共にするシステムです。英語の能力別にクラスが編成され、英語だけに触れる環境を創り出すことで、1週間や2週間といった限られた期間でも英語を使える能力を格段に向上させることができるというものです。海外出張や赴任の前に活用している企業もみられます。